香典はどうするのか、町田市の家族葬に参列するマナー

   

町田市の葬儀に参列する際に香典や品物は持っていくかどうするか悩ましいことですが、一般葬の場合は受付に香典辞退の注意書きがある場合には香典を用意していても出さないのがマナーです。
一方家族葬であると参列も香典も辞退という場合が多いです。訃報に家族葬で行うために「参列、香典、供物は辞退します」などと記されています。この時は葬儀に参列はせず、香典も控えます。後日、線香や菓子折りなどを持って行きましょう。
家族葬であっても、親戚やごく親しい間柄で葬儀に参列する場合は、香典は持って行った方が良いでしょう。しかし、実際に葬儀に参列した時に香典は辞退しますと注意書きがある場合は出さない方がよいです。もし一人が出して、周りが出していないとなると他の参列者の混乱を招きます。

香典を出すタイミング

町田市の家族葬ではお通夜と告別式の両方を行うのが一般的とされています。そのため、どちらかで香典を出していたら、もう一方では香典を出さないので、前の参列者が香典を渡していないケースもあります。
お通夜も告別式もどちらも参列する場合は、地域によって違いもありますが、首都圏ではお通夜で香典を渡すことが多いです。それは仕事などでお通夜の方が出席しやすいからと言われています。
しかし、全国的には告別式で香典を渡すので、その地域の風習に合わせるようにしましょう。
当日になって困ることのないように、訃報や受付の注意書きなどをよく読んで、確認をしましょう。

家族葬の香典返し

町田市の家族葬でも一般葬でも、香典返しは通常四十九日法要の後にお返しをします。一般的には香典でいただいた額の半分から3分の1の金額が目安です。
参列者が多いと、1人1人金額を確認して、お返しの品を選ぶ作業は大変なものですが、家族葬は参列者の人数が少ないために、比較的負担は少なくなります。この作業の手間を省くためにも、最近では家族葬でも香典辞退の場合があります。
近年では葬儀の当日に香典を返す当日返しをすることが多くなっています。しかし、いただいた香典の額が大きい場合は、後日追加でお返しの品を送らなくてはいけません。
香典返しには、お茶、コーヒー、調味料、タオルなどがありますが、人気の品はカタログギフトです。高額な香典のお返しほどカタログギフトが選ばれています。目上の方にお返しに商品券は失礼にあたるので控えましょう。

ピックアップ記事

香典はどうするのか、町田市の家族葬に参列するマナー

町田市の葬儀に参列する際に香典や品物は持っていくかどうするか悩ましいことですが、一般葬の場合は受付に香典辞退の注意書きがある場合には香典を用意していても出さないのがマナーです。一方家族葬であると参列も...

町田市で家族葬を行うにはどんな費用がかかるのか

葬儀を行う時に気になるのが費用のことです。意外なことにも費用がかかる場合があるので、どんなことにどのくらい費用がかかるか把握しておきましょう。葬儀の形態では火葬式が一番費用が安く、次に一日葬、家族葬、...

町田市で行う葬儀の家族葬と一般葬との違いとは

町田市の葬儀には内容により様々な種類があります。一番簡素化された葬儀はお通夜と告別式は行わないシンプルな火葬式です。火葬場でお別れをします。次にシンプルなのは一日葬です。お通夜は行わず、告別式のみを行...


利点