もしもの時、町田市の事前相談で、家族葬の準備をしよう

   

自分自身のもしもの時やご家族の万が一を意識した時には、事前相談をしておくことでいざという時に慌てず、落ち着いて行動できたり、ご家族の負担を格段に減らすことができます。
町田市の各葬儀会社には事前の相談窓口があるので、生前から本人の希望を聞いてプランや見積もり、葬儀の流れなどを説明してくれます。
最近は終活ブームということもあり、自分で自分の葬儀の準備をする方も増えています。自分で準備をするために、残された家族の方の精神的・経済的負担は軽減されます。また自分自身が余裕のある時にじっくりと考えることができるので、いざという時に後悔をしない葬儀を行うことができます。

家族葬を行うために事前に準備できること

もしもの時に葬儀用の写真を準備するのは意外と大変な作業です。あらかじめ使いたい写真を選んでおくとスムーズに遺影を作成することができます。
写真の加工は葬儀会社に頼むことができます。遺影写真は写真のデジタルデータだけでなく、免許証の写真やアルバム写真からも作ることができます。
さらに逝去した時に連絡して欲しい方のリストと連絡先を控えておくと良いでしょう。また町田市で家族葬を希望している時は、参列してほしいごく親しい人のリストを作成しておくと家族の方は誰を呼ぶか迷うことはありません。
交友関係など、家族が全てを把握することは難しいので、事前にリストを準備しておき家族の負担を減らしましょう。

事前のエンディングノートの活用

自分の死後の葬儀の形態や自分の遺志を伝える方法としてエンディングノートの活用があります。遺言書のように法的な効力はありませんが、誰でも気軽に書き留めることができます。
エンディングノートには自由に自分の死後のことや周りへの感謝の気持ちなどを書くことができます。その際に町田市での家族葬を希望するなど、葬儀の形態や、すでに事前相談をしている葬儀会社などを書いておくと残された方への負担が軽減されます。
他にもお墓の用意を事前にすることにより残された家族に経済的負担を少なくできます。自分の保険や株式、年金などの財産も記しておくと良いでしょう。
しかし、葬儀の内容などは、勝手に一人で決めてしまうと、実際に葬儀を行う家族と、周りの親戚などとのトラブルになりかえって家族に負担をかけてしまうこともあるので、一度家族と相談してから書くのが良いでしょう。
またエンディングノートは死後のことだけでなく、介護のことや延命治療、余命の告知など生前の意思表示もすることができます。

ピックアップ記事

香典はどうするのか、町田市の家族葬に参列するマナー

町田市の葬儀に参列する際に香典や品物は持っていくかどうするか悩ましいことですが、一般葬の場合は受付に香典辞退の注意書きがある場合には香典を用意していても出さないのがマナーです。一方家族葬であると参列も...

町田市で家族葬を行うにはどんな費用がかかるのか

葬儀を行う時に気になるのが費用のことです。意外なことにも費用がかかる場合があるので、どんなことにどのくらい費用がかかるか把握しておきましょう。葬儀の形態では火葬式が一番費用が安く、次に一日葬、家族葬、...

町田市で行う葬儀の家族葬と一般葬との違いとは

町田市の葬儀には内容により様々な種類があります。一番簡素化された葬儀はお通夜と告別式は行わないシンプルな火葬式です。火葬場でお別れをします。次にシンプルなのは一日葬です。お通夜は行わず、告別式のみを行...


注意点